日本には様々な地名がありますね。

日本の長い地名、短い地名

地名とは、一言で言うと、ある空間で自然と地理を代表する専門用語です。その地名の意味は、読んで字のごとく解釈されることが一般的です。人類の歴史が始まったばかりのとき、その土地には地名があったのでしょうか?決してそうではありません。地名は人間が授けるものだからです。そして、人類文明が発達するにつれて、地名は雑多になってきました。今は、地球に限らず、宇宙の天体にまで地名を与えるようになりました。

地名の命名にはその地方の文化、風習が深いかかわりを持っています。地名は人類の文明をある側面から反映している、いわば鏡のようなものであるとも言えるでしょう。現在、地名は人々の生活のなかで、欠かせないものとなり、各種学問にも多大なる影響を与えているものでもあります。

日本の2000年以上もの歴史の中で、地名というのは人類と日本の文化の発展とともに変遷を重ねてきたもので、その一つ一つには必ず意味があります。そして、日本の地名は実に多様で、短い地名から驚くほど長い地名まで、本当に様々です。自分の住んでいる土地の地名の由来、考えてみたことがありますか?その地名には昔の人々がその地からどのような影響を受けていたのか、その地でどのように生活をしていたのかを知るヒントがたくさんあるのです。

日本の長い地名、短い地名

長い、長〜い地名各種

世界中の長い地名とは?

では、短い方は

短い地名と言うと?

日本の長い地名、短い地名長い、長〜い地名各種では、短い方はサイトマップ