日本一長い学校名とは?

日本の長い地名、短い地名 > 長い、長〜い地名各種 > 長い学校名「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校」

長い学校名「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校」

日本一長い小学校名、ご存知ですか?その名も「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校」(こうちけんすくもしえひめけんみなみうわぐんあいなんちょうささやましょうちゅうがっこうくみあいりつささやましょうがっこう)漢字で書くと30文字、読み仮名では59字にもなります。よく見ると、「高知県宿毛市」と「愛媛県南宇和郡」という、2つの県の地名が入っていますね。この小学校は全国的にも珍しく、2県にまたがる学校なのです。この小学校に通う児童は高知県宿毛市からと愛媛県南宇和郡から、それぞれ登校しています。

「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校」があるということは、「高知県宿毛市愛知県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合篠山中学校」もあります。もはや何が違うのか、一目見ただけでは分かりませんね。現存する学校名で、一番長いとされているのはこの2校となっています。しかし、この日本一長い学校名、以前はもっと長かったのです。1952年(昭和27年)から1954年(昭和29年)までの名称は、「高知県幡多郡宿毛町愛媛県南宇和郡一本松村篠山小中学校組合立篠山中学校」。現在の校名よりさらに4文字長かったというから驚きです。学校名を書く児童は大変ですね。ちなみに、高等学校の校名として一番長いのは、「金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校」というものです。学校というカテゴリ全体でみると、やはり「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合篠山小(中)学校」が一番ですね。

長い、長〜い地名各種

日本の長い地名、短い地名長い、長〜い地名各種では、短い方はサイトマップ